知ってて得するマンション知識!第4回「マンションの構造って?」

みなさんこんにちは!
前回までマンションとは?所有形態は?についてお話させていただきましたが、
今回からはマンションの構造についてくわしく説明させていただきます!

よくマンションの物件資料などを見た際に「〇〇造」という表記を
よく目にすると思います。しかしこの表記が一体なのを意味するのか、
それぞれどんな特徴があるのか、あまり理解されていない方も多いと思います。
主にマンションの構造で一般的なものは3つあります。

鉄筋コンクリート造(RC造)

これは名前の通り、鉄筋とコンクリートを使用した構造です。
鉄筋を組んだあと、枠型にコンクリートを流し込んで固めたものです。
鉄筋は引っ張る力に強く、コンクリートは圧縮に強いため、
それぞれの特徴が合わさった高い強度のある構造です。
主に中低層の建物で多く使われています。

鉄骨造(S造)

この造りは鉄筋の粘り強さと、しなやかさを合わせ持つ造りになります。
コンクリートを使用しない分、建物を軽量化することができます。
そのために工場など大きな建物に多い造りになります。

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)

こちらは先ほどお話した、鉄骨造と鉄筋コンクリート造を組み合わせ造りになります。
鉄筋コンクリートに鉄骨を合わせることでより頑丈な造りになるため、
柱を高くすることが可能なので高層階マンションや、ビルなどにも適しています。

この3つをお話ししましたが、マンションの場合は
マンションの規模や、高さ、形状、地盤などそれぞれに応じて、
構造計算され、どの構造が最適化が判断されています。
なので一概にどの構造がおススメかということはありませんが、
どの造りがどのような建物に適しているかという知識があれば
ひとつの判断材料になるかもしれませんね!

今回もまた一つマンション知識がレベルアップしたのではないでしょうか!
また次回もおたのしみに!!

**********************************************************************
大阪市福島区・北区・西区・此花区の中古マンション情報はハウスデザインズプラス
https://www.hds-plus-1.com/

大阪市福島区・北区・西区・此花区の中古マンション相場価格を匿名で瞬間査定!
https://www.hds-plus-1.com/catalog

仲介手数料最大半額!大阪市の中古マンション売却はハウスデザインズプラス
https://www.hds-plus-2.com/
**********************************************************************

住まいのリフォームいろは!第1回「リフォームとリノベーションの違い」

リフォームとリノベーションの違いは何でしょうか?

リフォームとリノベーションは、明確な定義がないのでしょうか?

リフォーム:「元に戻す」ということ

リフォームは、時間を経て汚れて古びた内装を新築の状態に近づけるための改修工事です。例えば、はがれた壁紙を貼り替えたり、古くなったキッチンやバスを新しいものに取り換えるなどが挙げられます。部分的・表層的な改修工事で、古くなった住まいを新築当時の状態に原状回復するためにおこなわれます。

リノベーション:「つくり変える」ということ

間取りから内装・配管などすべてをゼロから考え直して、これから住む人たちの暮らしに合わせて作り変えることで機能を刷新し、新しい価値を生み出す改修をリノベーションと言います。例えば、仕切り壁を取り払い広々したリビングをつくったり、ファミリー用のお部屋を独り暮らしに適した間取りにするなどが挙げられます。

リフォームVSリノベーションのメリットとデメリットは?

マイナスの状態だった古い住まいをゼロに戻すのがリフォームだとすると、リノベーションは機能性やデザインといったさまざまな側面において、プラスαで価値を高めることを目指します。

それぞれの目的が異なるので、どちらがいいどちらが悪いとは、言えません。

「築浅の中古物件を買ってリフォーム」と「築古の中古物件を買ってリノベーション」どちらがいいの?をテーマにそれぞれのメリット・デメリットを考えていきます。

「築浅の中古物件(築5年から10年)を買ってリフォーム」する時の

メリットは、

①工事費用を安く抑えられる

②工事期間が短い

③完成後の住まいのイメージしやすい

デメリットは、

①自由な間取りに変更できない

②住宅の強度・劣化などの状態確認はおこなえない

などです。

「築古の中古物件を買ってリノベーション」する時の

メリットは、

①自由に設計できる

②物件の選択肢が増える

デメリットは、

①工事費用が高くなりがち

②工事期間が長い

③解体して初めてわかる想定外

④間取りの変更ができない物件もあるので注意

などです。

次回は、リフォームの費用についてご紹介いたします。

**********************************************************************
大阪市福島区・北区・西区・此花区の中古マンション情報はハウスデザインズプラス
https://www.hds-plus-1.com/

大阪市福島区・北区・西区・此花区の中古マンション相場価格を匿名で瞬間査定!
https://www.hds-plus-1.com/catalog

仲介手数料最大半額!大阪市の中古マンション売却はハウスデザインズプラス
https://www.hds-plus-2.com/
**********************************************************************

 

 

知ってて得するマンション知識!第3回「マンションの土地って誰のもの?」

前回までざっくりとした、マンションの定義をご紹介しましたが、
今回はそんなマンションの建っている土地にはどのようなくくりがあるのかを
ご紹介いたします!

「マンションの土地はだれのもの?」

「所有権」を持ったマンション

まず一番一般的なものが土地も建物も所有しているマンションです。
建物も、土地も持っているため建物の固定資産税プラス土地の固定資産税も払う必要があります。
そして土地の代金が物件の価格に含まれるため、比較的に高めのマンションが多いです。

「普通借地権」を持ったマンション

これは第三者に土地を借り、その土地に建っているマンションです。
これはマンションの土地を持っている人が地主のため、マンションの各所有者は
土地の借地権を持っていることになります。
最初にご説明した「所有権」のマンションとの違いは、毎月地主に地代を支払うことの他、
借地契約の更新料、売却の際に譲渡承諾料が発生する場合もあります。
しかしメリットとして土地を所有しているわけではないので、
固定資産税の支払いは必要ないことと、
土地が借地のため。物件価格が比較的安めです。

「定期借地権」のマンション

「定期借地権」とは契約期間の終了時に必ず建物を取り壊して、更地にし、地主に返却しなければならないという
ルールがあります。先ほどの「普通借地権」とちがい更新はありません。
こちらも「所有権」とちがい土地の固定資産税を払う必要はありませんが、
毎月地主に地代を払う必要があることと、取り壊しの準備金を負担するので毎月管理費や・修繕積立金とともに、
建物取り壊し準備金も徴収されることがあるようです。

これら3つを比べると「所有権」マンションが良いのでは?と思いがちですが、
やはりもともとの物件価格が高額なのも「所有権」マンションになります。
それぞれメリット・デメリットがあるので物件価格、住んでからかかる固定資産税などの費用、契約の期間なども含めて
検討する必要があります。

物件の価格はこんな土地の所有形態の違いでも大きく変わってくるので、
マンションの知識があればあるほど、より良いマンションの購入ができると
思います。

ここまでマンションの定義はなんとなくわかったと思います。
よく不動産情報サイトなどで、マンションの構造の欄に「RC造」「SRC造」「S造」等の
英語が並んでいるだけの記載をよく目にされると思います。
「いったいどれがどんなつくりなのか?」
イマイチ理解できていない方もたくさんいらっしゃると思います。
そんな方に次回、マンションの構造についてお教えしたいと思います。

お楽しみに!

**********************************************************************
大阪市福島区・北区・西区・此花区の中古マンション情報はハウスデザインズプラス
https://www.hds-plus-1.com/

大阪市福島区・北区・西区・此花区の中古マンション相場価格を匿名で瞬間査定!
https://www.hds-plus-1.com/catalog

仲介手数料最大半額!大阪市の中古マンション売却はハウスデザインズプラス
https://www.hds-plus-2.com/
**********************************************************************

知ってて得するマンション知識!第2回「分譲マンションの見分け方!」

前回は「分譲マンション」とはなにか?をざっくりご説明させていただきました。
今やたくさんの形態がある「マンション」ですが、今回はそんな「分譲マンション」の見分け方のポイントをお教えします!

「分譲マンション」の見分け方!

① 規模が大きく、高級な見た目!

一般的に分譲マンションは、賃貸マンションに比べ、規模が大きいものが多いです。そして外観も比較的高級感のあり、素材も質の良いものが使われており、耐震性に優れた、グレードの高い傾向にあります。

② 売り出しの情報がある!

不動産の情報サイトで調べると、賃貸物件の情報としてではなく、売り出しの情報が出ています。その中でも部屋だけを買い、その部屋だけを賃貸として貸し出している場合もあります。(この場合は他の人が賃貸中で入居者は変わらず所有者だけが変わるため、売買の際はオーナーチェンジ物件といわれる)

③ マンション名前を確認!

分譲マンションの多くにマンションディベロッパー(分譲会社)の名前がついていることが多いです!
例)@@不動産リバーサイド@@、@@不動産@@レジデンス・・・等

④ 管理組合の有無!

分譲マンションには管理組合が存在します。管理組合の有無を確認するには、例えば、不動産情報サイトで調べることもできますし、駐車場の看板やエントランスに「@@マンション管理組合」という文字が記載されていることもあります。

最近では高級感があり、規模の大きなグレードの高い賃貸マンションも増えてきているため、不動産情報サイトなどでの情報収集もとても大切になってきています!

「分譲マンション」について少しずつ基本的な知識がついてきたのではないでしょうか?
ただ「分譲マンション」には掘り下げるといろんな所有形態があります。
なぜならマンション=建物はすべて土地の上に建っていますよね?
そんな切っても切れない「分譲マンション」の土地の所有についても、次回お話しさせていただきたいと思います!

**********************************************************************
大阪市福島区・北区・西区・此花区の中古マンション情報はハウスデザインズプラス
https://www.hds-plus-1.com/

大阪市福島区・北区・西区・此花区の中古マンション相場価格を匿名で瞬間査定!
https://www.hds-plus-1.com/catalog

仲介手数料最大半額!大阪市の中古マンション売却はハウスデザインズプラス
https://www.hds-plus-2.com/
**********************************************************************