知ってて得するマンション知識!第9回「安全性って?」

みなさんこんにちは!前回マンションの価値を決める要因をご説明いたしましたが、今回はその中の「安全性」について細かくご説明させていただきます。

自然災害での耐久性や防犯面でどのぐらい住人を守ってくれるかという「安全性」ですが、この「安全性」も「耐地震安全性」「耐火災・水害安全性」「耐防犯安全性」の3つに分けることができます。この3つをA「エリア・土地」B「マンション一棟」C「専有部分」の3つの観点でご説明いたします。

A「エリア・土地」

まず地震についての安全性はエリア・土地でいうと環境や地盤によってかわってきます。このような環境を見極めるには行政が公表している図面を活用します。例えば「表層地質図」「土質柱状図」「液状化予想図」などがあり、地盤の固さや立地と建物の構造の関係しらべることができるため、地震に対しての安全性が分かります。同じように火災・水害などの自然災害も行政が公表している「地形図」や「洪水ハザードマップ」などから自然災害への安全性を調べることができます。防犯面では地域の治安、防犯対策など地域での活動が大切になってくるので自治会などでの情報収集が大事です。

B「マンション一棟」

まず地震に対しての安全性のなかではこの項目はとても大切になってきます。設計施工がしっかりしているのか、これを見極めるために施工会社の実績を見ることも大切です。そのほかにもマンションの構造、免震・制震になっているか、新耐震基準なのかなどがありますが、そのマンション事態がどのぐらい地震に対しての対策が取られているかを示すものなのでよく確認しておきましょう!次は水害・火災面での安全性で、地震の際の安全性にもつながるのですが、マンション内の避難施設や、避難経路の状態です。災害対策への意識が高いマンションでは避難訓練を行っているところもあるので、マンション内での災害対策意識の高さはとても重要だと言えます。最後に防犯面ですが、やはりオートロック、防犯カメラ、管理人の有無などのマンション内でのセキュリティーはたくさんあればあるほど良いと言えます。

C「専有部分」

こちらは個々の住戸になるので、オートロックやディンプルキーなどのもともとついている機能に加え、窓に開閉のセンサーを付けるや、玄関カギをプラスするなど後付けできる設備も増えているため個人で設置すれば安全性を高めることができます。

マンション広告に載っていること以外にも、行政の図面を参考にするなど安全に暮らすためには様々な調べる方法があったのではないでしょうか?次回は快適に暮らすための「居住性」について詳しくご説明していきますので、また次回おたのしみに!



マンション売却についてのブログもございますので是非ご覧ください!https://www.hds-plus-2.com/blog/2019/03/21/baikyaku1/

**********************************************************************
大阪市福島区・北区・西区・此花区の中古マンション情報はハウスデザインズプラス
https://www.hds-plus-1.com/

大阪市福島区・北区・西区・此花区の中古マンション相場価格を匿名で瞬間査定!
https://www.hds-plus-1.com/catalog

仲介手数料最大半額!大阪市の中古マンション売却はハウスデザインズプラス
https://www.hds-plus-2.com/
**********************************************************************