リフォームで快適な家にする(実例4)

板張りの床をカーペット敷きにする

フローリングが人気となっていますが、板張りの10畳の居間の床を踏みごこちのいいカーペットを敷き詰めた例です。

一般的には、化学繊維のカーペットの方が丈夫なうえに価格も安いのでフロア全体に敷き詰める時には化学繊維のカーペットがよくつかわれます。

この事例で施主が選んだのは天然素材のウール100%のカーペットです。湿度調整ができることと、家具を置いた跡が自然に回復する復元性がよい理由からです。ダニの繁殖を防ぐ防ダニ・抗菌加工がしてあるカーペットを選びました。

板張りをはがす場合もありますが、今回は、板張りの上にフェルトを敷きその上にカーペットを敷きました。板張りの上にじかに張ったため床が上がったかっこうになり、出入り口建具を少し削りました。

板張りをカーペットに変えるにあたって段差をつけたくないときは、板張りをはがしてコンパネの上に敷きます。

カーペットを敷きこむ方法は、床全体に接着剤を塗る全面接着剤工法、アッタチメントテープを使うアッタチメント工法があります。

接着剤工法 でも、ピールアップ接着剤をもちいるときれいにはがせます。

アッタチメント工法 は、簡単にはがせるので、賃貸住宅でも安心して使える工法です。

次回は、手すりについてお話します。



マンション売却についてのブログもございますので是非ご覧ください!https://www.hds-plus-2.com/blog/2019/03/21/baikyaku1/

**********************************************************************
大阪市福島区・北区・西区・此花区の中古マンション情報はハウスデザインズプラス
https://www.hds-plus-1.com/

大阪市福島区・北区・西区・此花区の中古マンション相場価格を匿名で瞬間査定!
https://www.hds-plus-1.com/catalog

仲介手数料最大半額!大阪市の中古マンション売却はハウスデザインズプラス
https://www.hds-plus-2.com/
**********************************************************************