リフォームで快適な家にする(実例5)

手すりをつける

3世代同居の大家族で、両親がともに80歳をすぎて足腰が弱くなったことから、廊下やトイレ、浴室に手すりをつけることにしました。

玄関のあがり框は、20cmほど段差になっているので、上り下がりするときに手すりが必要です。紐を結ぶときに框に腰を下ろすので、捕まるものがあった方がよいことから、手すりをタテにつけました。

廊下は幅が90cmと広くないので、手すりを片側の壁半分だけ埋め込むようにしました。

手すりの高さは、床から75cmの使いやすい高さにしました。

トイレは、ヨコとタテの手すりを二つつけています。浴室は、脱衣所側と浴室側の壁に一つずつ、浴槽のわきにも一つつけました。

浴室内には、ステンレススチールのもの他の場所は、木製のものにしました。

マンションの場合は、壁に埋め込めなっかたり、賃貸の場合は、転居するときに、元の状態に戻しておくことは、いうまでもありません。

次回は、家庭用エレベーターについてです。

マンション売却についてのブログもございますので是非ご覧ください!https://www.hds-plus-2.com/blog/2019/03/21/baikyaku1/

**********************************************************************
大阪市福島区・北区・西区・此花区の中古マンション情報はハウスデザインズプラス
https://www.hds-plus-1.com/

大阪市福島区・北区・西区・此花区の中古マンション相場価格を匿名で瞬間査定!
https://www.hds-plus-1.com/catalog

仲介手数料最大半額!大阪市の中古マンション売却はハウスデザインズプラス
https://www.hds-plus-2.com/
**********************************************************************